# バックアップとリストア

バックアップ機能は、予期せぬ事態に備えて貴重なデータを保護し、その可用性を確保するために設計されています。このガイドでは、バックアップとリストアの機能をどのように利用するかを説明します。

TIP

バックアップ機能は、当社のスタンダードプランのユーザーにのみ提供されています。スタンダードプランに加入していない場合は、この重要なデータ保護機能を活用するためにアップグレードすることを強くお勧めします。

# バックアッププラン

クラスタは、自動的に24時間ごとに完全なデータバックアップを作成します。クラスタの詳細ページの「バックアップ」タブからこのバックアップを表示またはリストアすることができます。以下の手順に従ってください。

  1. MyScaleにサインインします。
  2. クラスタページに移動し、対象のクラスタをクリックして対応する詳細ページにアクセスします。
  3. 「バックアップ」タブをクリックします。

バックアップの開始

TIP

  • スタンダードプランのクラスタでは、バックアップ機能が自動的に有効になり、毎日バックアップがS3に保存されます。
  • 現在は最新のバックアップのみを保持しています。新しいバックアップが利用可能になると、古いバックアップは自動的に削除されます。
  • バックアッププロセス中に実行された書き込み操作は、バックアップに含まれない場合があります。
  • この機能を有効にするには、データベースをバージョン0.10.11.0以上にアップグレードする必要があります。このアップデートは、バックアップの有効化とその保護を活用するために必要です。詳細については、DBバージョンの更新を参照してください。

# バックアップのリストア

クラスタのバックアップをリストアするには、「バックアップのリストア」アイコンをクリックします。次に、新しく作成されたクラスタの名前を指定し、「バックアップのリストア」をクリックします。

バックアップのリストア1

バックアップのリストア2

新しいクラスタは、「起動中」としてクラスタリストに表示されます。

バックアップのリストア3

TIP

同じバックアップレコードに対しては、一度に1つのクラスタのみをリストアしてください。前のリストアが完了するまで、2つ目のクラスタの処理を行わないでください。